2016年12月25日

会社復帰失敗(号泣)→けれど、ぼくは生きていく!

会社に午前中だけ復帰した19日(月曜日)の夜、地下鉄大通駅構内で倒れたらしく(記憶がない)、意識不明のまま、どなたかが呼んでくれた救急車で北大病院に搬送され即入院、ICU、救急科などにいて、23日(金曜日)に退院しました
ご心配、ご迷惑をおかけいたしました
もう大丈夫です
そう、声を大にして言いたいのはやまやまなんだけれども…
それにしても今年の僕、いったいどうしちまったっていうんだろう?
脳と心の、それぞれ違う原因で3度の入院、僕が躁鬱病(いまは「双極性しょうがい」というそう)で精神病院に入院中の、一方的な1度の離婚(調停中)
普通の人が40年かけてもしそうにない、したくもないことを、最初の入院の5月14日(土曜日)からわずか7ヵ月間でやっちゃってる
したくもないのに
とほほほほ…
釧路に帰って、神社詣でしなければなあ
恋は、し始めた
同じ1月12日生まれで(村上春樹さんも一緒)、30歳も年下
卓球の福原愛ちゃんに似ている
ゆっくり、ゆっくり、大切に、お互いが人間として高め合える、「愛」に育てたい
僕の2016年は、凄まじくひどかった
2017年は、すてきな年にしたい!
する!
しなければならない!
2019年、僕には、しなければならないことがある!
僕は生きる!
生きていく!
みんな、一緒に生きていこう!
加藤浩嗣
posted by Kato at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月21日

劇団・木製ボイジャー14号 拝啓 臆病者共

劇団・木製ボイジャー14号「拝啓 臆病者共」(作・演出鎌塚慎平)を11月20日(日)、札幌・ブロックで観た。素晴らしい芝居。僕は後半、泣き通しだった。ブラボー!
終演後に前田透くんを通じて鎌塚くんに引き合わせてもらったら、北大演研・劇団しろちゃん所属で、小佐部明広くん(劇団アトリエ)の後輩だとわかった。
今後は小佐部、畠山由貴ちゃん(劇団パーソンズ)らと、しのぎを削るのではないかなあ。
なにが良いかというと、芝居の終わらせ方、タイミングを心得ている。
期待大、注目したい!
posted by Kato at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

僕が恋した女優さんは…

うわの空・藤志郎一座「ONE DAY」を観て、僕が一目で恋した女優さんは、なんと、札幌にお住まいだと、きのう、わかった!
ああ、心から、お近づきになりたい!
一緒に、たくさん、芝居や映画を観たい!
手をつないで、どこまでもどこまでも、太陽や月、星に向かって歩きたい!
生まれてきたことの喜びや、幸せに死に行くことへの期待を、夜を徹して語り合いたい!
究極的には、一緒に生きていきたい!
同じ屋根の下で!
僕だって男なんだ!
まだ、枯れてはいないんだ(苦笑)!
僕は、生まれて初めて、神様に祈ることの必要を感じた!
posted by Kato at 10:21| Comment(5) | TrackBack(0) | 劇評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月13日

うわの空・藤志郎一座(一部訂正)

8段落目「一言で表情すれば」を「一言で表現すれば」に訂正



うわの空・藤志郎一座(東京)の二本立て芝居「ONE DAY」(作・演出村木藤志郎=70分)+「Will」(作・演出土田真巳=50分)も、とっても、すてきな小品で、ブラボー!(札幌・ブロックで、楽日は13日14時)
笑わせ、泣かせの、ジェットコースターがうまいなあ!
土田さんの演出方法はわからないけれど、藤志郎さん(僕と同じ年齢のお友達)の演出方法は、あらかじめきっちりとした戯曲を書かず、役者の個性や流れを活かして場面をつくり、物語を構成していく「口立て」です(有名なのは故つかこうへいさん)。
これが、実に絶妙な躍動感を生むんだなあ!
ぜひ、ご覧くださいな!
実は僕、「ONE DAY」に出ていた女優さんに恋をしてしまいました(笑)
完全なる一目惚れ(笑)
清純で、気品、清潔感があって、瞳が澄んでいるうえに適度に熱く、スタイルが良くて、一言で表現すれば、僕が一番好きな日本語「すてき」という言葉は、彼女のためにこそある!(離婚調停を起こされた身としては、いけないことではないでしょ?)
お近づきになりたいんだけどなあ!
みなさん、ぜひ千秋楽を観て、どの女優さんかを予想してくださいな。
13日18時からは、ピチピチな(これ、死語か?)若手女優さん5人による演劇+コンサートもあります。
僕も行きます。
ブロックで、お会いしましょう!
posted by Kato at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

うわの空・藤志郎一座

うわの空・藤志郎一座(東京)の二本立て芝居「ONE DAY」(作・演出村木藤志郎=70分)+「Will」(作・演出土田真巳=50分)も、とっても、すてきな小品で、ブラボー!(札幌・ブロックで、楽日は13日14時)
笑わせ、泣かせの、ジェットコースターがうまいなあ!
土田さんの演出方法はわからないけれど、藤志郎さん(僕と同じ年齢のお友達)の演出方法は、あらかじめきっちりとした戯曲を書かず、役者の個性や流れを活かして場面をつくり、物語を構成していく「口立て」です(有名なのは故つかこうへいさん)。
これが、実に絶妙な躍動感を生むんだなあ!
ぜひ、ご覧くださいな!
実は僕、「ONE DAY」に出ていた女優さんに恋をしてしまいました(笑)
完全なる一目惚れ(笑)
清純で、気品、清潔感があって、瞳が澄んでいるうえに適度に熱く、スタイルが良くて、一言で表情すれば、僕が一番好きな日本語「すてき」という言葉は、彼女のためにこそある!(離婚調停を起こされた身としては、いけないことではないでしょ?)
お近づきになりたいんだけどなあ!
みなさん、ぜひ千秋楽を観て、どの女優さんかを予想してくださいな。
13日18時からは、ピチピチな(これ、死語か?)若手女優さん5人による演劇+コンサートもあります。
僕も行きます。
ブロックで、お会いしましょう!
posted by Kato at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする