2017年01月12日

あけましておめでとうございます 今年もよろしくお願いいたします

いつも劇評ブログ「シアターホリック(演劇病)を応援してくださっている「芝居大好き」なみなさん(コピーライター糸井重里さんによる東京都渋谷・西武百貨店の1980代のキャッチコピー「不思議大好き」を意識しています)
あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします

年末年始は高速バスで12月29日(木)に釧路に帰省し、1月8日(日)に帰札しました
帰札は元妻が母を苦手にしていて久しく叶わず、実に10年以上ぶりでした
釧路の繁華街・末広町に行ったのも2度ばかりで、釧路湖陵高の同期会もなく(札幌にいるうちに、JR釧路駅そばの和商市場で魚屋を継いでいる友人に提案したのですが、みなさん忙しかったようで実現せず残念)、ゆっくり、母と妹の心づくしの旨煮といった、おせちなど手料理に舌鼓を打ちました
満足万感!です

実はきょう、1月12日は、ぼくの誕生日です
1965(昭和40)年、釧路市生まれ、52歳

実は札幌座の、いわずと知れた斎藤歩さん(釧路市生まれの同郷。誕生日がぼくより3週間ほど早い生粋の道産子で〜その後、ご尊父の異動で本州に転居し、北海道大学進学で再び道産子に〜、もしかしたら当時、いまはない丸三鶴屋デパートで顔を合わせていたかもしれないと思うと、面白いね!)、木村典子プロデューサー(旭川報道部時代に文化・芸術担当で演劇鑑賞会などで存在を知っていました。木村さんは、ぼくを知らなかったようだけれどね)も同年齢、同学年なんです
と、いうわけで、なんのいわれも、自信も、(ぼくの場合は)実力もなく、一人勝手に「これからは50代(前半)の時代だぜ! 北海道演劇(+評論)が日本の演劇界をリード、けん引するぜ!」などと、内心、息巻いているのです

誕生日について、ぼくがずいぶん昔にテレビで見た、チャップリンの友人の映画評論家・淀川長治さん(故人)の言葉を贈ります。
淀長さん(あだ名)をご存知の方は、どれほどいらっしゃるのかなあ?
いまはない日曜洋画劇場〜HTB〜の番組の最後に、「ではまた来週、お会いしましょうね。サイナラ、サイナラ、サイナラ」と、右手の平で小さくバイナラしながら決めぜりふを言っていた、白髪の上品な、おじいさんです

〜以下〜
たくさんの人たちに「お誕生日おめでとう」と歓迎されて帰宅したら、家ではあなたが、ご両親に感謝の言葉を贈ってくださいね
ご両親がこの世に生まれ、奇跡的に出会い、愛し合い、そうして、あなたがこの世に生まれてこられたのですから
〜以上〜

昨年は5月14日に始まる3度にわたる、のべ102日間の入院、入院先の病院から自宅マンションに外泊してきた7月4日、米国の独立記念日の、「帰ったら、もぬけの殻」的、1度の離婚(調停中。ぼくは応諾しています)と、芝居でも映画でも、いや、小説でも、芸術家のだれしもが思いつかないであろうほどに、人生最悪でした

2017年は良い年にしたい
いや、なにがなんでもしなければならない

ぼくは幸せになりたい!
幸せになるぞ!
みなさん、幸せになりましょう!

幸いなことに、きょうの観劇初めは最高の最高!でした
北見緑陵高演劇部のみなさんによる、札幌演劇シーズン2017冬 特別プログラム!
すてきで、一人ひとりが個性豊かで、素晴らしかったです
泣きました
北高(と、舞台で言っていました)のみなさん、帰宅したら、劇評を書きますね
ほんとうにありがとう!

2017年、みんなで楽しく北海道をすてきに盛り上げましょう!
今年もなにとぞ、シアターホリック(演劇病)をよろしくお願いいたします!
みんな、すてきに楽しもうぜ!
お楽しみはこれからだ!
posted by Kato at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック