2017年01月12日

あけましておめでとうございます 今年もよろしくお願いいたします

誕生日について、ぼくがずいぶん昔にテレビで見た、映画評論家・淀川長治さんの言葉を贈ります(故人。知ってるかなあ? いまはない日曜洋画劇場(HTB)の最後に「ではまた来週、お会いしましょうね。サイナラ、サイナラ、サイナラ」と、右手の平で小さくバイナラしながら、決めぜりふを言ってた、白髪のおじいさんです)

たくさんの人たちに「お誕生日おめでとう」と歓迎されて帰宅したら、家ではあなたが、ご両親に感謝の言葉を贈ってください
ご両親がこの世に生まれ、出会い、愛し合って、そうして、あなたがこの世に生まれてこられたのですから
posted by Kato at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック