2016年09月08日

2019年に向けた、僕の基本的なお約束10点

2019年に向けた、僕の基本的なお約束10点が出来ました。
福島県川俣町。
未曽有の災害「3・11」をまさに体験して、生きるということの重み、生かされていることのありがたみを、日本中、いや、世界中のどこよりもわかっていらっしゃるはずなのに(泣)。
脳梗塞から復帰した町長に、車椅子に座ったままでの発言を、「前例がない」として、許可しないという。
車椅子から降りて、立ってしゃべれってことなんだろうかね?
なんなんだろう?
「前例がない」?
前例って、つくるもんだべや!
経験するもんだべや!
てめえらが「3・11」という、悲しみの極みの「前例」を、世界中に教えてくれたべや!
うわ〜ん(泣)!
どこまで、お馬鹿さんなの?
てめえら!
「3・11」の被災者であるはずの、あなたたち!
これって?
僕にはまったく理解できないんだ!
これじゃあ、そもそも、両足がないハンディーキャッパーは町長として認めませんって、言ってるわけじゃん!
あやややや!
読者のみなさん、どう思われますか?

僕は、これまでフェイスブックをしていて、一度もみなさんに求めたことはないのですが、今回だけはお願いします!

この記事を拡散してください!

そして、絶対に、この、ちょっといかれたクソ議会議員連中をつぶそう!
川俣町民の皆さまに、頭を冷やして、選び直していただこう!

いわゆる「被災者」「災害弱者」の中にも、やっぱりお馬鹿さんはいるのだということで、あえて「3・11」を強調しました。
決して「被災者」は、いい人ばっかりだけなのではない!
その、つらさ、空しさ、悲しみから、どう学び、どう生き直すのか、なのではないかと、僕はほんとうに思う。
この思いも、北海道民の皆さまと共に考え、実践していく。
共感を得るには、ものすごく難しいだろうけれども。

posted by Kato at 04:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441727530
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック