2011年02月27日

KAIZOKU

 ミュージカルユニットもえぎ色「KAIZOKU」(原案・振付喜井萌希、脚本・演出太田真介)を2月26日(土)、札幌・ブロックで見た。10人ほどの女性陣がみんな男装の海賊に扮装。みんな汗だくで歌って踊って、私は男だからびびーんと特に感じる素敵な爽やかなお色気もにおいたって、とにかく応援したい!という思いに満ちた素敵な舞台だった。
 舞台はロック(坂本祐以)、スケ(国門綾花)、ポピー(森高麻由)、シック(寺崎智美)の海賊四天王と、ルーダ(吉田梨恵)ら海賊になりたい!という5人+男1人の宝探し物語。みな女性陣が男装で汗だくでセクシーで、物語は分かりやすかったし、とりわけ踊りと歌が素晴らしかった。
 特に踊り。近くで3月から大資本、劇団四季の常打ちが始まるけど、こちらは手作りミュージカル、応援するから絶対にひるまないでね、萌希ちゃん!
 それに海賊の乗船する船の作り物もなかなかよかった。物語は今後延長するのかな?

してもおかしくないよね? これで終わりって感じでもなかったし…。
 27日(日)は13時と17時の開演。


posted by Kato at 06:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。