2017年07月24日

都に雨の降るごとく

おはよう!
きょうのNHK朝ドラ「ひよっこ」、たまらなかったなあ。
まるっきり俺なんだもん。
取材されてもいないのに。
ぼろ泣き。
愛していればこそ別れねばならないことって、あるんだよなあ。
1988年3月、早稲田大学の卒業式の後、釧路から来てくれたお袋(片親)を高田馬場駅に送った。
東京女子大学の1年生の琴弾き乙女・慶子ちゃんを吉祥寺に迎えに行き、下北沢で飯を食い、三軒茶屋のアパートに帰った。
自殺した歌手岡田有希子さんに似ていると自己紹介した女の子。
東京女子大学の演奏会に賛助出演して、仲良くなった。
アパートの荷物は、前の日にすべて出していた。
寒い中、ずっと抱き合っていた。
ぼくも彼女も、セックスの経験はなかった。
ぼくには、「彼女からのお誘いでのお付き合いだけれど、セックスの『やり逃げ』はしたくない」という思いが強くあった。
ぼくはその日も、セックスをしたいとは思わなかった。
キスをした。
「加藤さん、ほんとうに好きな人にキスされるのって、とってもうれしいものなのね」
慶子ちゃんは言った。
命を懸けて慶子ちゃんを守りたい。
そう、ぼくは心に念じた。
ぼくたちの会話をぼくは覚えていない。
夜が明けてきた。
首都高速ルート246を走る車の音がした。
ぼくの耳の中でジャズギタリスト、パット・メセニーが幻の音を奏で始めた。
「イフ・アイ・クッド」 「if I Could (できたなら)」
ぼくには、ぼくたちにはなにができただろう?
もし、ぼくが、ぼくたちがなにかをできたなら、ぼくたちは変わっていただろうか?
夜が明けた。
土砂降りだった。
ぼくが持つ1本だけの傘をさして、二人で三軒茶屋の街に出た。
その日の晩に、ぼくは上野から夜行列車で青函トンネルが通ったばかりの札幌に向かう。
慶子ちゃんは3人いる兄のうちの2番目(妹一人)、長野・信州大から大学院に進む、大好きなお兄ちゃんの引っ越しを手伝いに行く。
パット・メセニー「イフ・アイ・クッド」はまだ、ぼくの頭にながれていた。
一本の傘の中に二人。
二人とも、言葉はなかった。
互いに互いをどれだけ愛し、求め、けれど求めるほどに悲しく寂しく切なくなるかを知っていた。
地下鉄東急新玉川線(当時)三軒茶屋駅。
彼女は渋谷行きに乗った。
ドアが閉まる。
ドアの窓越しのキス。
彼女はかつてなく微笑んだ。
キリッと向こうに向き直った。
「さようなら! 慶子ちゃん!」
ボロボロに泣きながら、ぼくは彼女の背中に言った。


posted by Kato at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする