2016年06月01日

つれづれなるままに ♯53 命

みなさん、こんばんは!
ぼくは5月14日(土曜日)に札幌・中村記念病院に入院して、再発しないはずのヘルペス脳炎(罹患率100万人に2〜3人)の再発と診断され(1回目の診断→入院は2年前)、
きのう、5月31日(火曜日)に退院したんだけれど、
日付が変わって、きょう6月1日(水曜日)に、札幌の精神病院・旭山病院に入院します
どうやら、本当に気狂いになってしまったようなんだなあ(笑=泣)
病気が治って退院したら、ここでご報告しますね
携帯電話1(プッシュホン)でなく(ここ、とっても重要!!!です〜中村記念病院の病棟に何度も来られる会社の同僚の方がいらっしゃって、うれしかったけれど、精神的に参ったから)
携帯メールで「いついつうかがいたいのですが!」というお話を事前にいただければ、いつでもお見舞い大歓迎です!!!
釧路湖陵高校35期の同期の方々(だけでなくても、もちろんいいのですが)ぜひこぞっていらしてくださいな!!!
精神病院という、偏見に満ちあふれているかもしれない、なかなか足を踏み入れることのないだろう場所に来てみるチャンスかもしれません!
僕も機会があれば、自分が勤める新聞社にぜひ体験ルポを書きたいと思っています、社会の偏見を打ち砕くために!

1970年、アルコール依存症を装って精神科病院に潜入入院し、『ルポ精神病棟』を朝日新聞社会面に連載した、大熊 一夫(おおくま かずお(1937年-))などというまがいもの(?)記者とは違って、こちとら本当の「気狂い」だからね(笑=泣)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E7%86%8A%E4%B8%80%E5%A4%AB



以下は、今回1回目の入院前日の5月13日(金曜日)深夜に、パソコンに打ち込んだらしい「詩」らしきものです。
幸いなことに、パソコンに保存されていました。
拡散を希望します!






する
あなたへ
おたんじょうび
おめでとう
ございます
このよ
という


かけて
いきるに
あたいする
すばらしい
せかいに
あなたの


ごしょうたいして
くださった
とっても
すてきな
ごりょうしんに
こころからの
かんしゃを
おささげ
いたします
あなたに
であえて
ほんとうに
よかった
おふこーすのうたと
いっしょですが
ほんとうです
ありがとうございます
こんな
わたくしですが
かってに
かんしゃ
してしまって
もうしわけ
ございません
ほんとうです
ありがとう
ございます
あなた
ほんとうに
ありがとう
あなたの
あなたによる
あなたのための

ありがとう
ございます
あなたの
すてきなおなかま
そして
あなたと
こんな
わたくしの

あなたの
そして
あなたの
愛する
かたへの
あなたの

あなたの

ありがとう
あなたの
大切な
かけがえのない
すてきな

posted by Kato at 01:54| Comment(1) | TrackBack(0) | 劇評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする